不惑にして惑う男の日記

四十にして惑う男が書く様々なネタ

映画

【感想】『ゴジラ』(1954)をあえて反戦映画として鑑賞した日

ここでいう『ゴジラ』は、『シン・ゴジラ』ではないし、松井秀喜のことでもない。 1954年公開の記念すべきゴジラシリーズ第1作のことだ。 なぜ今になって1954年版『ゴジラ』(以下、『ゴジラ』と表記)の感想を書こうと思い立ったのか? これには、俺なりの…