不惑にして惑う男の日記

四十にして惑う男が書く様々なネタ

野球(名選手)

門田博光・不惑の大砲(その4) ライバルとの熱い対決

久しぶりに不惑の大砲・門田博光を取り上げることした。 やはり、球界きっての強打者について、もっと書きたくなった。 門田博光と言えば、パ・リーグである。 この頃のパ・リーグは、人呼んで「実力のパ」。 「人気のセ」セ・リーグへの対抗意識丸出しであ…

永射保・必殺左殺し伝説

8月である。 汗がしたたり落ちる猛暑もキツいが、また1つ年を取るという現実に愕然とする。 8月は俺の誕生月なのだ。 不惑真っただ中の俺には、誕生日などこれっぽっちも感傷はない。 あるのは、「無駄に年を重ねた」ということへの苦い思いだけだ。 そんな…

門田博光・不惑の大砲(その3) ホームランへのこだわりはアキレス腱断裂から?

元は打って守って走れる選手だった このブログも、だんだん「門田博光伝」の様相を呈してきた。 それだけ、俺に与えたインパクトが大きかったのか? 今どき、ここまでパワフルなバッティングにこだわる選手はおらんからなあ。 今の連中はなんだかスマート過…

門田博光・不惑の大砲(その2) ノムさんを手こずらせた男

これまでのあらすじ 門田博光。 不惑まっただなかの俺がかつて興味を抱いた強打者だ。 40歳にしてホームランを量産し、人呼んで「不惑の大砲」。 この男のエピソードを掘り下げると、なかなか濃いのだ。 「監督ズルいわ!王さんと口裏合わせて」 門田博光が…

門田博光・不惑の大砲(その1)

毎日暑い。 なぜこんなに暑いのか。 どこかの暗黒組織の世界征服作戦かと勘繰りたくなる毎日である。 閑話休題。 そもそも、俺が「不惑」なる言葉を覚えたのはいつだったか。 よく覚えていない。 ハッキリと覚えているのは、「不惑」をポピュラーにした功労…