不惑にして惑う男の日記

四十にして惑う男が書く様々なネタ

門田博光・不惑の大砲(その1)

毎日暑い。

なぜこんなに暑いのか。

どこかの暗黒組織の世界征服作戦かと勘繰りたくなる毎日である。

閑話休題

そもそも、俺が「不惑」なる言葉を覚えたのはいつだったか。

よく覚えていない。

ハッキリと覚えているのは、「不惑」をポピュラーにした功労者こそ

門田博光だということだ。

このオッサン(本来はそう呼んではいけない大選手なのだが)、40歳で

バカスカとホームランを量産したプロ野球屈指の強打者なのだ。

普通、40歳といえばすでに引退していてもおかしくない年齢である。

ほぼ同時期に引退した江川卓掛布雅之は30歳前半でユニフォームを脱いだ。

あの王貞治も引退したのは40歳の時だ(それでも30ホーマー打ってたが)。

そんな常識を意に介さず、この40歳のオッサンは打ちまくった。

人呼んで「不惑の大砲」、「不惑の大打者」。

厳密に言うと「不惑」をポピュラーにした陰の功労者は、名付け親(こんな高尚な言葉を使うところから見て、おそらく故事に精通した新聞記者)と言うべきだろう。

そもそも、この「不惑」という言葉は、孔子論語「四十にして惑わず」が由来

つまり、「四十歳に入ってあれこれ迷うことがなくなった」という意味だ。

四十歳の孔子は相当にできた人物だとみえる。

それに引き換え、惑うことばかりの現代の不惑世代。

何ということでしょう!(加藤みどり風に)

さて、当時高校生だった俺は、この不惑のオッサンについて興味を持った。

 それで、いろいろと調べてみた。

強者だらけの当時の球界にあって、引けを取らぬ最上級の強者である。

出てくるエピソードもハンパなく濃い。

もっと書きたいので、次回に続く。